火遠理命

記紀における日本の肇国

【中学歴史・国史(日本史)】神武東征をわかりやすく

神倭伊波礼毘古命が日向の地から大和の橿原の地に都を置くまでを「古事記」の記述に則りながらわかりやすく解説しました。
記紀における日本の肇国

【中学歴史・国史(日本史)】日向三代神話(2) 海幸彦と山幸彦の話をわかりやすく

火遠理命こと山幸彦を主人公とした有名な話「海幸彦と山幸彦」を解説した後、鵜葺草葺不合命そして神倭伊波礼毘古命(神武天皇)へと繋がる血筋について解説をしていきます。
記紀における日本の肇国

【中学歴史・国史(日本史)】日向三代神話(1) 天皇に寿命が与えられた!?邇邇芸命の婚活話

地上世界に降り立った邇邇芸命がどのように既に地上世界に住んでいた神々や人々と協力関係を築いていったのかをわかりやすく解説していきます。
記紀における日本の肇国

【中学歴史・国史(日本史)】国を治める2つの方法 – 「シラス」と「ウシハク」について分かりやすく解説

「シラス」と「ウシハク」という言葉の説明及び古事記や日本書紀の神話を踏まえ、日本の統治のあり様がどのようにかたまったのかをわかりやすく解説しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました