[中学地理] 地球の形は?大きさは?

世界の姿 世界のすがた
この記事は約2分で読めます。

中学生の皆さんが苦手としている分野にフォーカスをあてて、じっくりと解説をしていきます。

今回は、中学生の皆さんに向けて「地球」ってどんな形なの?大きさはどれぐらい?について勉強していくことにしましょう。

目次は下の通りです。それでは学習してみましょう!

地球の形について

皆さんは地球儀を見たことがありますか?

地球儀の地球は球体ですよね。

ところが、実際の地球は赤道方向に(東西に)膨(ふく)れた形をした楕円(だえん)形になっています。

地球の半径・全周について

地球の大きさは、

  • 半径が約6,400km
  • 全周約40,000km

あると言われています。

地球の大きさってどうやって測ったの?(発展)

現代の私たちはコンピューターがあったり地球を出たりできるので、地球の大きさを測ったりすることは何となくできるのかなぁなんて思ったりすると思いますが、世界で最初に地球の全周が計算されたのは、何と紀元前のギリシア時代にいたエラストテネス(B.C275頃-194頃)だったと言われています。当時はコンピューターも人工衛星もありません。ましてや、エラストテネスが物差しを持って地球1周を歩いて測ったわけでもありません。エラストレネスは現在の中学生の皆さんの知識でも分かる数学の図形の知識を使って計測を行いました。近現代になって正確に測れるようになって、エラストテネスが計測した地球の大きさは5,000kmの誤差があった(大きかった!)ものの、決定的に大きな問題とされることのない程度の誤差だったので、現代においてもエラストテネスが行った偉業は評価されています。

また、地球がまん丸の球体ではなく赤道(東西)方向に膨れていることを最初に計算したのは、みんなもよく知っている天才物理学者のニュートンなのですが、フランス学士院というアカデミーが1735年から1740年にかけて測量を行い、ニュートンの説が正しかったことが証明されました。

くわしくは、高校の地学の時間に勉強します。興味のある中学生の皆さんは本で調べてみてもよいですね。

地学というのは理科の科目なのですが、社会で勉強した知識が理科に活用されていったり、逆に理科で勉強したことが社会に活かされたりします。

復習をしっかりやろう!

復習の必要性

世の中には「授業がうまい先生」という人たちがたくさんいます。「授業のうまい先生」は皆さんを分からせる名人です。しかし、授業を受けっぱなしにしているとすぐに習ったことは忘れてしまいます。逆に教えている内容を全て忘れさせない授業が行える先生なんて存在しません。

では、習ったことを忘れないようにするためにはどうしたらよいか?というと、復習をやるしかありません!

問題集を解く!

「まほろば社会科学習塾」の授業はもう一度読んで復習をすればよいのですが、問題集を使った演習を行う必要があります。

定期テスト対策やはじめから地理の勉強をやり直したいという人はこのあたりから問題を解き始めてもよいと思います。

入試対策を本格的に行いたいという人は、以下の問題集がオススメです。

問題は解きっぱなし、答え合わせをしっぱなしにするのではなく、お手元の教科書や参考書に戻って印をつけておきます。そして必ず関連知識も含めて知識の暗記をし直すようにしましょう。一問一答のような勉強をしてその問題ができるようになったとしても、違う角度から問題が出題されたら「お手上げ」状態になってしまう例をたくさん見てきました。関連知識のインプットも必ずし直すようにしましょう!

苦手な分野はスタサプで復習!

自分がメモしたノートを見直したり問題集で問題を解いたりしても、どうしても苦手な部分が残ったりすることもあります。そういう場合は、プロフェッショナルの動画講義を聴くのもあり!

その中でもオススメなのが、スタディサプリ(スタサプ)の中学講座です。

スタサプの中学講座を担当しているのは、元東進ハイスクール講師で多彩な人生経験に裏打ちされている話術で教室が揺れるほどの爆笑講義を展開する伊藤賀一(いとう・がいち)先生。スタサプの講義でもテンポのよい授業にとても定評があります!

スタディサプリのトップ画面には検索画面があります。そこで、苦手分野の分野名を入力してみましょう。その部分の授業を見ることができます。授業を見て苦手分野を理科し直しましょう。

理解し直したら、再び問題集に戻るようにしましょう!理解した知識を使って本当に問題が解けるのかを確認するようにします。

このように復習をしていきましょう!

もっと演習したい人はZ会の通信添削がオススメ!

もっとたくさんの問題を定期的にこなしたいという人は伝統あるZ会の添削がオススメです!

添削を定期的に受ければ強制力が働くので勉強もスムーズに進みます!そして論述問題などの添削も丁寧に行ってくださるので、独りよがりな答え合わせも防止でき、学力の向上がしっかりと望めます!

関心のある人はぜひ資料請求をしてみてください。無料でできます!

 

タイトルとURLをコピーしました