【中学歴史・国史(日本史)】「国生み神話」をわかりすく解説

日本の肇国を知ろう 記紀における日本の肇国
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

今回は、日本の神話が掲載されている「古事記」や「日本書紀」の中で語られている「国生み神話」についてわかりやすく解説していきます。

神様の名前を欲張って覚える必要はありません。大切な言葉については丁寧に解説しています。覚えてほしい神様については強調してあるので、そこだけ覚えてくれたらよいです。

まほろば社会科研究室の日本神話に関する記述は大雑把なものなので、くわしく「古事記」や「日本書紀」について勉強してみたいという人は、別で本を読んでみることをオススメします。

なお、このコンテンツは、竹田恒泰「現代語古事記」(学研)を参考にして作成しております。

現代語古事記 | 竹田 恒泰 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで竹田 恒泰の現代語古事記。アマゾンならポイント還元本が多数。竹田 恒泰作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また現代語古事記もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
スポンサーリンク

「国生み」を決定する

「天地初発」のお話の続きです。

高天原にいらっしゃる神様(天(あま)つ神)は、その総意によって神代七代のうちで一番最後に成った伊耶那岐神(いざなぎのかみ)伊耶那美神(いざなみのかみ)に対して、高天原の下界の海をお指しになって「この漂っている国を修め理(つく)り固め成せ」と命ぜられました。その際に天沼矛(あめのぬぼこ)をお与えになりました。

重要な事柄は総意によって決めるという点がポイントです。一神教ではあり得ないハナシですね。神様で話し合いをもたれる場面はこれからも「古事記」や「日本書紀」の中で何度も登場します。

オノゴロ島の誕生

伊耶那岐神と伊耶那美神は、天空に浮いている天(あめ)の浮橋(うきはし)に立って、海に天沼矛(あめのぬぼこ)を下ろして海水を「こうろ、こうろ」とかき鳴らして矛を引き上げました。矛からは海水が滴り落ち、塩が固まって島ができました。これがオノゴロ島です。

伊耶那岐神と伊耶那美神はオノゴロ島に高天原の神々と心を通じ合わせるために天之御柱(あめのみはしら)をお建てになり、八尋殿(やひろどの)という大きな神殿をお建てになりました。

伊耶那岐神と伊耶那美神はこの島を拠点として国生みを始められます。

「国生み」を試みるがうまくいかない…

男神の伊耶那岐神は、自分の身体はできあがっているが下半身に1カ所だけ余分に出っ張っているものがあることに気づきます。

一方の女神の伊耶那美神は、自分の身体はできあがっているが下半身に1カ所だけ1カ所だけ何か足りずにくぼんでいるところがあることに気づきます。

伊耶那岐神は伊耶那美神に対して、伊耶那岐神の出っ張っているものを伊耶那美神のくぼんでいる穴に挿入して塞いで国を作ろうと提案しました。伊耶那美神はこれに賛成なさいました。

伊耶那岐神は左から、伊耶那美神は右から、天之御柱(あめのみはしら)の周りを回って「まぐわい」を始めます。「まぐわい」というのは夫婦の交わりのことを指します。天之御柱(あめのみはしら)を回って出会ったところで、伊耶那美神から先に「あなにやし、えおとこを」と声をかけました。「あなたはなんていい男なんでしょう」ということです。続けて伊耶那岐神から「あなにやし、えおとめを」と声をかけました。「あなたはなんていい女なんだろう!」ということです。

さて、どんな国作りがうまくいったのかというと、うまくいきませんでした。

国作りがうまくできる方法を太占(ふとまに)で占ってみた

伊耶那岐神と伊耶那美神は、国作りがうまくいかないので、高天原にいらっしゃる神様(天(あま)つ神)のところに相談をしに行かれました。高天原にいらっしゃる神々は太占という占いによって訊いてみることを指示しました。そうしたら、女神の方から先に声をかけたのがよくないということが分かりました。

早速2柱の神様はオノゴロ島に戻って、今度は伊耶那岐神から「あなにやし、えおとめを」と声をかけ、続いて伊耶那美神が「あなにやし、えおとこを」と声をかけました。そして再び交わりました。

国生みがうまくいった!

そうすると、立派な国が生まれました。8つの島を生んでいきます。

1番最初にお生みになった子は淡路島(あわじしま)

続けて四国(しこく)をお生みになりました。四国は胴体は1つでも顔が4つありました。顔ごとに名前があって、それが伊予国(いよのくに)、讃岐国(さぬきのくに)、阿波国(あわのくに)及び土佐国(とさのくに)です。

続けて隠岐(おき)諸島をお生みになりました。

次に生んだのは筑紫島(つくしのしま)、つまり九州でした。こちらも胴体が1つで顔が4つあります。顔の名前はそれぞれ、筑紫国(つくしのくに)、豊国(とよのくに)、肥国(ひのくに)及び熊曾国(くまそのくに)です。

続けて壱岐島(いきのしま)をお生みになりました。

続けて津島(現在の対馬)をお生みになりました。

次に佐渡島(さどのしま)をお生みになりました。今では「さどがしま」と発音されますね。

最後に、大倭豊秋津島(おおやまととよあきづしま)をお生みになります。これが畿内(きない)を中心とする地域です。本州を指すという解釈あります。

このように八島(やしま)が生まれました。この八島が先に生まれたことで、我が国のことを大八洲国(おおやしまのくに)と呼ぶことがあります。

この後、さらに6つの島を生み、「国生み」が終わりました。これで日本の国土は完成したのです。

神話ではなく、科学における日本列島の誕生については「縄文海進」によって日本列島の基礎が形作られました。縄文時代のコンテンツを振り返ってみたいという人は下のリンクをクリックしてみてください。

国生みを終えた伊耶那岐神と伊耶那美神は、次にそこに住む神様を生んでいくことになります。続きの物語(神話)はこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました