ポツダム宣言の全文の内容を和訳してみました – 第3条

ポツダム宣言 「ポツダム宣言」全文試訳
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

ポツダム宣言の全文の内容を和訳してみるシリーズです。

今回はポツダム宣言の第3条を和訳してみます。構成は、英文、公式邦訳、試訳とその解説の順になっています。

なお、ポツダム宣言が作成された背景については、「ポツダム宣言の全文をわかりやすく解説してみました」というコンテンツでくわしく解説しましたので、そちらをご覧下さい。

スポンサーリンク

英文

(3) The result of the futile and senseless German resistance to the might of the aroused free peoples of the world stands forth in awful clarity as an example to the people of Japan. The might that now converges on Japan is immeasurably greater than that which, when applied to the resisting Nazis, necessarily laid waste to the lands, the industry and the method of life of the whole German people. The full application of our military power, backed by our resolve, will mean the inevitable and complete destruction of the Japanese armed forces and just as inevitably the utter devastation of the Japanese homeland.

公式邦訳

三、蹶起セル世界ノ自由ナル人民ノ力ニ対スル「ドイツ」国ノ無益且無意義ナル抵抗ノ結果ハ日本国国民ニ対スル先例ヲ極メテ明白ニ示スモノナリ
現在日本国ニ対シ集結シツツアル力ハ抵抗スル「ナチス」ニ対シ適用セラレタル場合ニ於テ全「ドイツ」国人民ノ土地、産業及生活様式ヲ必然的ニ荒廃ニ帰セシメタル力ニ比シ測リ知レサル程更ニ強大ナルモノナリ
吾等ノ決意ニ支持セラルル吾等ノ軍事力ノ最高度ノ使用ハ日本国軍隊ノ不可避且完全ナル壊滅ヲ意味スヘク又同様必然的ニ日本国本土ノ完全ナル破壊ヲ意味スヘシ

スポンサーリンク

解説

The result of the futile and senseless German resistance to the might of the aroused free peoples of the world stands forth in awful clarity as an example to the people of Japan.

The result of the futile and senseless German resistance to the might of the aroused free peoples of the world までが主部になります。stand forthという述語動詞の前の名詞のカタマリが主部になるからです。

では主部の解釈を見ていきます。

まずは、The result of the futile and senseless German resistance の部分。resultは「結果」。futileは「無益な」といった感じの意味。senselessはsenseにlessという否定の接尾辞が付いているので「無意味な」という意味。German resistanceは「ドイツの抵抗」という意味。ここまでで、「無益で無意味なドイツの抵抗の結果」という意味になります。

次に、to the might of the aroused free peoples of the world までの部分。the mightは「力」。arouseはここでは「覚醒する」「目覚める」という感じの意味。peopleにsがついているのでpeoplesは「民族」という意味。「世界の覚醒した自由な民族の力に対して」ということになります。

ここまでで、「世界の覚醒した自由な民族の力に対して、無益で無意味なドイツの抵抗の結果は」という意味になります。

述語動詞のstands forthは直訳すれば「前に立つ」という意味ですが、「目立っている」「際立っている」というイディオムとして使われます。in awful clarityで「極めて明確に」という副詞句。as an example to the people of Japanは、を直訳すると「日本国民に対する例として」という感じになりますが、ここではexampleを「先例」と訳しておいた方がよいです。くだけた表現を使えば「ドイツのような抵抗をすると日本もこうなるぞ!」ということです。ドイツが先にあってからの日本という時系列になります。ですから、ここでは「日本国民に対する先例として極めて明確に明らかとなっている」と訳しておきます。

世界の覚醒した自由な民族の力に対して、無益で無意味なドイツの抵抗の結果は、日本国民に対する先例として極めて明確に示されています。

The might that now converges on Japan is immeasurably greater than that which, when applied to the resisting Nazis, necessarily laid waste to the lands, the industry and the method of life of the whole German people.

次の文です。

The might that now converges on Japanまでが文の主部です。the mightについて関係代名詞that以下が説明しています。convergeは「集結する」という意味。ですから、主部は「いま日本に集結する力は」という意味になります。

immeasurablyは「はかりしれない」という意味の副詞。is immeasurably greaterで「はかりしれなく大きい」と言っています。この部分が述部という解釈でよいです。than以下ですが、thatはthe mightを受ける代名詞です。whichは関係代名詞で、when applied to the resisting Nazisの部分は、「抵抗するナチスに適応する時」と訳します。it (=the might) wasが省略されていると考えましょう。 whenやwhileなどの副詞節の中で、主節の主語と従属節(副詞節)の主語が同じでかつ副詞節の中にBe動詞が使われているときには省略が起こりやすいという有名なヤツです。

necessarilyは「必然的に」という意味。lay waste to ~で「~を荒廃させる」とか「灰燼かいじんせしめる」という熟語。the industry and the method of lifeがつながっています。to the lands, the industry and the method of life of the whole German people を訳していくと、「全ドイツ国民の国土や産業や生活様式を」という意味になります。

いま日本に集結するその力は、抵抗するナチスに適応した時、全ドイツ国民の国土や産業や生活様式を必然的に荒廃させたその力よりもはかりしれなく大きなものです。

The full application of our military power, backed by our resolve, will mean the inevitable and complete destruction of the Japanese armed forces and just as inevitably the utter devastation of the Japanese homeland.

次の文にいきます。

The full application of our military powerで、「連合国の軍事力を完全に使用することは」という部分までが主部。applicationは「適用する」とか「活用する」といった意味。

backed by our resolveですが、resolveはここではdetermineと同じ意味で「決意」という意味。したがって、backed by our resolveで「決意によって支えられて」という意味になります。

will meanで「意味することになるでしょう」ということですが、その内容を見ていきます。

inevitableは「必然的な」という意味の形容詞。complete destructionで「完全な破壊」、何をなのかというと、the Japanese armed forcesつまり「日本軍」ってことです。「必然的に日本軍の完全な壊滅を意味します」と前半では言っています。

andで結んでjust asで「同じように」。どのように同じようにと言っているのかというと、もちろん「日本の軍隊と同じように」ということ。日本の軍隊と同じように「必然的に」という意味をjust as inevitablyは表現しています。utterは「完全な」、devastationは「荒廃」とか「破壊」という意味。the Japanese homelandで「日本国本土」を表します。ここで後半をまとめると、「必然的に日本国本土の完全な破壊を意味する」ということになります。

決意によって支えられている連合国の軍事力を完全に活用することは、必然的に日本軍の完全な壊滅を意味し、同じように日本国土の完全な破壊を意味します。

スポンサーリンク

まとめ – ポツダム宣言第3条試訳

ここまで訳してきましたが、簡単に言えば、

「無駄な抵抗は止めなさい!ドイツみたいになりたいのか!」

と言っていますね。訳文でもう一度確認してみましょう。

世界の覚醒した自由な民族の力に対して、無益で無意味なドイツの抵抗の結果は、日本国民に対する先例として極めて明確に示されています。いま日本に集結するその力は、抵抗するナチスに適応した時、全ドイツ国民の国土や産業や生活様式を必然的に荒廃させたその力よりもはかりしれなく大きなものです。決意によって支えられている連合国の軍事力を完全に活用することは、必然的に日本軍の完全な壊滅を意味し、同じように日本国土の完全な破壊を意味します。

 

タイトルとURLをコピーしました