【中学歴史・国史(日本史)】天照大御神と須佐之男命の誓約(うけい)をわかりすく解説

日本の肇国を知ろう 記紀における日本の肇国
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

今回は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)須佐之男命(すさのおのみこと)の誓約(うけい)についてわかりやすく解説していきます。

黄泉国から戻ってきた伊耶那岐神(いざなぎのかみ)は禊祓(みそぎはらい)をなさったことによって、多くの神々が成りました。その中でも、天照大神(あまてらすおおみかみ)と月読命(つくよみのみこと)と建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)は三貴士(みはしらのずのみこ)と呼ばれ、それぞれ、天照大神(あまてらすおおみかみ)は神々がいらっしゃる高天原(たかまがはら)、月読命(つくよみのみこと)は夜の世界、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)は海原(うなばら)を「知らす(治める)」ように伊耶那岐神は命ぜられました。

しかし、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)は国を治めず泣いてばかりで、その原因は伊耶那美神がいらっしゃる国へ行きたいのだと仰いました。それを聴いた伊耶那岐神はお怒りになり、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)は追放されてしまいました。

今回の物語はその続きです。

スポンサーリンク

追放された須佐之男命が高天原にやってくる!

追放されてしまった建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)(以下、「須佐之男命(すさのおのみこと)」と表記します)は、黄泉国へお出かけになる前に高天原(たかまがはら)に上って、天照大御神(あまてらすおおみかみ)のところに報告にやってきました。

須佐之男命は心が荒ぶっていらっしゃいました。須佐之男命が天に舞い上る際に山や川や土は激しく揺れ動きました。須佐之男命は嵐の神様でもあるからです。その異様な事態に天照大御神は驚き、

「須佐之男命が高天原にやってくるのは高天原を奪いに来たに違いない!」

と仰せになり、完全武装の状態で弟の須佐之男命が来られるのにお備えになりました。

天照大御神は、

「なぜ高天原に来たのか?」

と須佐之男命に尋ねます。すると、須佐之男命は

「亡き母(伊耶那美神)がいる国へ行くにあたってあいさつをしたいと思って参上したのです。やましい心はありません。」

と返答なさいました。

須佐之男命の清明(せいめい)を証明するために誓約(うけい)をする

しかし天照大御神は須佐之男命の潔白を信用しません。そこで、須佐之男命は提案します。

「お互いに誓約(うけい)をして子を生みましょう」

誓約とは、あらかじめ決めたとおりの結果が現れるかどうかで吉凶を判断する占いの一種です。

さて、2柱の神は、天の安の河(あめのやすのかわ)という高天原に流れる河を挟んでお立ちになって、誓約が始まりました。

まず、天照大御神が須佐之男命の持っている十拳剣(とつかのつるぎ)を受け取って噛み砕き、吹き出した息の霧から三柱の女神(宗像(むなかた)三女神)が生まれました。

  1. 多紀理毘売命(たきりびめのみこと)
  2. 市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)
  3. 多岐都比売命(たきつひめのみこと)

次に、須佐之男命が、天照大御神の勾玉(まがたま)を受け取って噛み砕き、吹き出した息の霧から以下の五柱の男神が生まれました。

  1. 天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)
  2. 天之菩卑能命(あめのほひのみこと)
  3. 天津日子根命(あめひこねのみこと)
  4. 活津日子根命(いつくひこのみこと)
  5. 熊野久須毘命(くまのくすびのみこと)

ちなみに、天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)は現在の天皇陛下に直接につながる神様なので、お名前を覚えておきましょう。

ここで、誓約をまとめてみましょう。

天照大御神と須佐之男命の誓約のまとめ

須佐之男命は「自分が清明であったからこそ天照大御神からたおやかな女神が生まれたのだ」と言って勝利宣言をします。

そして、勝ち誇ったかのように、天照大御神の田の畦(あぜ)を壊し、溝を埋め、新嘗祭にも使う御殿にウンコをまき散らして高天原で大暴れをしました。この時は天照大御神はお許しになりました。

ところが、天照大御神が機織り小屋で神の衣を織らせていると、その小屋の屋根に穴を空けてそこから馬を落としました。びっくりした機織女(はたおりめ)は驚き、機(はた)の横糸を通す道具で女性器を突き刺して死亡しました。

さすがにこれを天照大御神も黙っていることはできませんでした。天の岩戸(あまのいわと)という岩をお開けになって自ら洞窟の中に閉じこもってしまわれました。すると、高天原も葦原中国(あしはらのなかつくに)つまり地上も真っ暗になってしまいました。昼が来ない夜だけの世界になってしまったのです。そして、いろいろな災いが起こるようになってしまったのです。

 

タイトルとURLをコピーしました