天照大御神

中学歴史

【中学歴史】6世紀の朝鮮半島と我が国 – 仏教公伝前後

6世紀の朝鮮半島と我が国の様子を、仏教の公伝を中心にわかりやすく説明してみました。
記紀における日本の肇国

【中学歴史・国史(日本史)】日本肇国の精神 – 神武天皇の「即位建都の詔」を読む

日本の建国(肇国)の精神を学ぶ機会が中学生や高校生にはありません。このコンテンツでは「即位建都の詔」を読みながらこれを学んでいきます。
記紀における日本の肇国

【中学歴史・国史(日本史)】神武東征をわかりやすく

神倭伊波礼毘古命が日向の地から大和の橿原の地に都を置くまでを「古事記」の記述に則りながらわかりやすく解説しました。
記紀における日本の肇国

【中学歴史・国史(日本史)】日向三代神話(2) 海幸彦と山幸彦の話をわかりやすく

火遠理命こと山幸彦を主人公とした有名な話「海幸彦と山幸彦」を解説した後、鵜葺草葺不合命そして神倭伊波礼毘古命(神武天皇)へと繋がる血筋について解説をしていきます。
記紀における日本の肇国

【中学歴史・国史(日本史)】天孫降臨神話 – 「三大神勅」とは何か?その内容をわかりやすく解説しました

天孫降臨神話について、「日本書紀」の三大神勅の内容をわかりやすく解説しながら、ストーリーを説明していきます。
記紀における日本の肇国

【中学歴史・国史(日本史)】国を治める2つの方法 – 「シラス」と「ウシハク」について分かりやすく解説

「シラス」と「ウシハク」という言葉の説明及び古事記や日本書紀の神話を踏まえ、日本の統治のあり様がどのようにかたまったのかをわかりやすく解説しています。
記紀における日本の肇国

【中学歴史・国史(日本史)】出雲の国譲り神話をわかりやすく

記紀に書かれている「出雲の国譲り」神話についてわかりやすく解説しました。「しらす」と「うしはく」という2つの異なる統治方法についても解説します。
記紀における日本の肇国

【中学歴史・国史(日本史)】天の岩戸(あまのいわと)の物語をわかりすく解説

天照大御神が天の岩戸にお隠れになり高天原も葦原中国も真っ暗になってしまいました。八百万の神々はどのようにこの状況を解決したのでしょうか?
記紀における日本の肇国

【中学歴史・国史(日本史)】天照大御神と須佐之男命の誓約(うけい)をわかりすく解説

天照大御神(あまてらすおおみかみ)と須佐之男命(すさのおのみこと)の誓約(うけい)についてわかりやすく解説していきます。
記紀における日本の肇国

【中学歴史・国史(日本史)】黄泉国でのできごとから天照大御神の誕生までをわかりすく解説

伊耶那岐神が黄泉国へ行かれてから天照大御神の誕生までをわかりすく解説しました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました