【中学歴史】6世紀の朝鮮半島と我が国 – 仏教公伝前後

古墳時代 中学歴史
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

6世紀に入ると、大和政権による統治は危機に陥ります。また朝鮮半島に動乱が起こり、大和政権が朝鮮半島に持っていた権益に大きな影響が及びました。

このような大きな事件が起こった後に、日本には百済から仏教が伝来しました。仏教の教えを日本に受け入れるかどうかで大和政権の中で対立が起こります。

今回はこの2点についてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

皇統の危機

中学校の教科書には書いていない話ですが、国史(日本史)を学ぶには重大な事件なので述べておきたいと思います。

第25代の武烈(ぶれつ)天皇には御子が存在せず、近親に皇位に就ける者がいなくなってしまいました。皇位に就ける者は、いわゆる「男系」でなければなりません。「男系」というのは、父と子の間の系統を意味します。皇統は、さかのぼると神武天皇につながり、さらにさかのぼると天照大御神(あまてらすおおみかみ)まで行き着きます。

神統譜
神統譜
日本国憲法第2条

こういった原則が崩れそうになっていた時、当時の人たちはどのように解決したのでしょうか。現在、天皇陛下がいらっしゃるということは、この皇統断絶の危機を免れたからなのです。

大和政権の豪族たちは天皇の地位に就ける人を全国から探しました。アイドルのオーディションのように探したわけではもちろんありません。先ほど述べたように、「男系」の男子を探したのです。そうすると、越国(こしのくに)にいらっしゃった男大迹王(おおどのおおきみ)という方がいらっしゃいました。越国(こしのくに)は現在の福井県坂井市です。男大迹王(おおどのおおきみ)は、第15代天皇の応神(おうじん)天皇の五世孫(来孫)にあたります。

皇統の危機 - 武烈天皇崩御後の皇位継承
皇統の危機 – 武烈天皇崩御後の皇位継承

天皇の皇子で天皇に即位しなかった者の多くは、地方に下って地方の政治に携わっていたのです。ですから、地方にいらっしゃった皇子の子孫が中央にお戻りになることは何ら不思議な話ではありませんでした。

男大迹王(おおどのおおきみ)は、後に継体(けいたい)天皇と呼ばれるようになります。

朝鮮半島の情勢と大和政権

6世紀の朝鮮半島の情勢

このように皇統の危機に瀕していた頃、朝鮮半島では北部にいた高句麗(こうくり)が勢力を拡げて南下していました。

朝鮮半島の三国時代

これにつられるかのように、新羅(しらぎ)と百済(くだら)も南下を始め、伽耶(かや)諸国が圧迫されるようになります。「日本書紀」によると、新羅と百済は伽耶諸国を次々と併合していきます。

大和朝廷は伽耶諸国の中に任那(みまな)と呼ばれる国を持っていました。西暦512年に任那(みまな)の4県は百済に割譲(かつじょう)されました。百済はその見返りとして、五経博士(ごきょうはかせ)と呼ばれる学者を日本に送りました。

国造磐井の乱

新羅は伽耶諸国を圧力をかけ続けていました。

大和朝廷は朝鮮半島における権益を守るために伽耶諸国の救援をしようと考えました。そこで、西暦527年に近江毛野(おうみけぬ)率いる日本軍が朝鮮半島南部に出兵しようとしました。しかしここで邪魔が入りました。日本の豪族であった筑紫磐井(つくしのいわい)が新羅と手を結び、この出兵を阻んだのです。翌年に筑紫磐井(つくしのいわい)は物部麁鹿火(もののべあらかひ)によって鎮圧されますが、伽耶諸国の救援は失敗に終わり、伽耶諸国の多くは新羅に併合されてしまったのです。

ついに、西暦562年には伽耶諸国は新羅に完全に併合されてしまいました。

仏教の公伝

最近では「仏教の公伝」という言い方をすることが多いです。なぜかというと、「公伝」つまり公(おおやけ)に伝えられる前に私的に伝えられていた(私伝)とされている証拠があるからです。細かくなるのでくわしくは述べませんが、今回は公に伝えられたエピソードをお話ししたいと思います。

なお、朝鮮半島から日本に伝わったのは大乗(だいじょう)仏教の教えでした。仏教が誕生したお話は別で述べているのでそちらを参照してください。

仏教のおこりについてわかりやすく解説しました

いつ日本に公伝されたの?

仏教がいつ公伝したのかは様々な学説が存在していますが、「上宮聖徳法王帝説(じょうぐうしょうとくほうおうていせつ)」や「元興寺縁起(がんごうじえんぎ)」が根拠の西暦538年説、もう1つは「日本書紀」が根拠の西暦552年説などが代表的です。

いずれの学説を採ったとしても、第29代の欽明(きんめい)天皇の御代に、百済の聖明王(せいめいおう)から伝わったとされています。

仏教の教えを礼拝すべきか?

百済の聖明王は手紙で欽明天皇に対して次のように仰いました。

「仏様はたいへんありがたい神さまです。いま中国も朝鮮の私たちの国も、この仏さまを信じています。大和朝廷のみなさんも、これからは仏教を信仰して大和の国をさら立派にしていったらいかがでしょうか?」

欽明天皇は次のようにお答えになりました。

「これほどありがたい教え、美しい仏は聞いたことも見たこともなく、たいへん心が動いている・・・しかし、国家の一大事なので自分一人で決めることはしません。」

大切なことは必ずみんなで決める。これが日本が大切にしてきた価値観です。神話でもそうでしたね。国生みの時も天の岩戸の時もみんなそうです。

さて、賛成派の蘇我(そが)氏はこんなふうに申し上げました。

「西方の諸国はみんなこれを礼拝しています。我が国だけが礼拝しないわけにはいけません。」

一方の反対派の物部(もののべ)氏や中臣(なかとみ)氏はこんなふうに申し上げました。

「我らが朝廷が王として天下を統治する根拠は、(天皇が)諸々の多くの神々への春夏秋冬の祭礼を主催することにあります。それなのに、いま隣国から移ってきた神を礼拝することは、我が国の神々の怒りを招くことになりましょう。」

欽明天皇は賛成派と反対派の意見を聞いた上で、

「礼拝を願っている蘇我氏に仏像を授けて試しに礼拝させてみることにせよ。」

と仰いました。

次の第30代敏達(びたつ)天皇は、「疫病が流行したのは新しい神様を受け入れたから、古来の日本の神様が怒ったのだ」という理由で仏法を止めるように指示しました。

次の第31代の用明(ようめい)天皇は、蘇我氏出身の女性との御子で、用明天皇が初めて天皇として仏教を受容しようという意思を明らかにしました。この時代に蘇我氏と物部氏との対立が激化しました。仏教の教えを受け入れるかどうかの対立のことを崇仏論争(すうぶつろんそう)と言います。

当時の蘇我氏の氏上であった蘇我馬子(そがのうまこ)は物部氏の本拠地を攻めて滅ぼしてしまいました。蘇我氏の勝利です。こうして崇仏論争の決着は付けられることになりました。

この後、崇峻(すしゅん)天皇が第32代天皇として即位あそばされました。崇峻天皇は蘇我馬子(そがのうまこ)の推薦によって即位されました。しかし、崇峻天皇は蘇我馬子らが謀って暗殺されてしまいました。

次に即位なさったのが、推古(すいこ)天皇です。

 

タイトルとURLをコピーしました