【中学歴史・国史(日本史)】天孫降臨神話 – 日本書紀の「三大神勅」の内容もわかりやすく解説

日本の肇国を知ろう 記紀における日本の肇国
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

「出雲の国譲り」がまとまりました。

だから、今度は葦原中国(あしはらのなかつくに)、つまり地上に誰かが行って治めないといけません。天照大御神(あまてらすおおみかみ)は神々が住む高天原(たかまがはら)を治める必要があるので、代わりの神様を遣わす必要があります。

最初は天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお子さまの天忍穂耳命(あめのおしみみのみこと)を遣わそうと考えられていました。

さて、この先どのように神さまが地上世界に降り立っていったのかを見ていきましょう!

スポンサーリンク

天壌無窮の神勅を解説

天忍穂耳命(あめのおしみみのみこと)は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)と高御産巣日神(たかみむすひのかみ)に次のように仰いました。

「私が降りる準備をしている間に子どもが生まれました。名前を天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(あめにきしくににきしあまつひこひこほのににぎのみこと)と言います。この子を葦原中国(あしはらのなかつくに)に降ろすべきでしょう。」

神統譜
神統譜

天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(あめにきしくににきしあまつひこひこほのににぎのみこと)は、通常邇邇芸命(ににぎのみこと)とお呼びします。邇邇芸命(ににぎのみこと)は、高御産巣日神(たかみむすひのかみ)の娘である万幡豊秋津師比売命(よろずはたとよあきつしひめのみこと)との間にお生まれになった子でした。

天照大御神(あまてらすおおみかみ)と高御産巣日神(たかみむすひのかみ)は、

「此(こ)の豊葦原水穂国(とよあしはらのみずほのくに)は、汝(なんじ)が知らさむ国ぞと言(こと)依(よ)し賜(たま)ふ。故(かれ)、命(みこと)の随(まにまに)に天降(あまくだ)るべし」

「古事記」天孫降臨の神勅より

「葦原千五百秋瑞穂国(あしはらのちいほあきのみずほのくに)は、是(これ)、吾(あ)が子孫(うみこ)の王(きみ)たるべき地(つち)なり。爾(なんじ)皇孫(すめみま)就(ゆ)きて治(し)らせ。行矣(ゆくませ)。宝祚(あまつひつぎ)の隆(さか)えまさむこと、天壌(あめつち)と無窮(きわまりな)けむ。」

「日本書紀」天壌無窮の神勅より

と仰せになりました。

「記紀」の中に出てくる、「しらす」の言葉の意味についてはくわしくはこちらで説明しています。

同じ場面を「古事記」と「日本書紀」とで比較すると、「日本書紀」には、「皇室が栄えることは、天地とともに永遠であろう」という言葉が加えられています。

これが「日本書紀」の中で有名な三大神勅(さんだいしんちょく)の1つである「天壌無窮(てんじょうむきゅう)の神勅(しんちょく)」と言います。

宝鏡奉斎(同床共殿)の神勅

邇邇芸命(ににぎのみこと)は、国(くに)つ神(かみ)の猿田毘古神(さるたびこのかみ)が先導となって、5柱の神様とともに天降りました。

五伴緒(いつとものお)
備考
天児屋命(あめこやねのみこと)後の中臣(なかとみ)連(むらじ)の祖。
時代が下ると、「藤原」姓を与えられる。
布刀玉命(ふとたまのみこと)忌部(いんべ)首(おびと)らの祖。
天宇受売命(あめうずめのみこと)猿女君らの祖。朝廷の鎮魂祭儀で舞楽を演じる巫女を出す氏族。
「古事記」編纂者の稗田阿礼(ひえだのあれい)はこの一族から分かれて生まれた人物。
伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)「天の岩戸」物語の時に八咫鏡(やたのかがみ)を作った神。
作鏡連(かがみつくりのむらじ)の祖。
玉祖命(たまのおやのみこと)「天の岩戸」物語の時に八尺(やさか)の勾玉(まがたま)を作った神。
玉作部(たまつくりべ)を統率した
大和政権の有力豪族の名前を見てみよう!

この時、天照大御神(あまてらすおおみかみ)は邇邇芸命(ににぎのみこと)に、天(あま)の岩戸(いわと)のお話の時に天照大御神(あまてらすおおみかみ)を招き出した、八尺(やさか)の勾玉(まがたま)須佐之男命(すさのおのみこと)が高天原(たかまがはら)に献上した草薙剣(くさなぎのつるぎ)を授けました。また、知恵の神様である思金神(おもいかねのかみ)天手力男神(あめのたぢからおのかみ)、天岩門別神(あめのいわとわけのかみ)も同伴させました。

そして、天照大御神(あまてらすおおみかみ)は邇邇芸命(ににぎのみこと)に次のように仰いました。ここは「日本書紀」からの引用です。

吾(あ)が児(みこ)、此(こ)の宝鏡(かがみ)を視(み)まさむこと、当(まさ)に吾(あれ)を視るがごとくすべし。興(とも)に床(みゆか)を同じくし殿(みやらか)を共(ひとつ)にして、斎鏡(いわいのかがみ)と為(な)すべし。

「日本書紀」の宝鏡奉斎より

「邇邇芸命(ににぎのみこと)よ、八咫鏡(やたのかがみ)を自分だと思って見なさい。同じ床、同じ建物に安置して、神鏡とせよ。」

これが三大神勅の2つ目、「宝鏡奉斎(ほうきょうほうさい)の神勅」です。

ここで登場した、

  1. 八咫鏡(やたのかがみ)
  2. 八尺の勾玉(やさかのまがたま)
  3. 草薙剣(くさなぎのつるぎ)

三種の神器(さんしゅのじんぎ)と呼ばれ、今でも天皇が代替わりを行う際に脈々と受け継がれています。

斎庭稲穂の神勅

「日本書紀」では、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が邇邇芸命(ににぎのみこと)に対してもう一つの神勅を下されました。

吾(あ)が高天原(たかまがはら)に所御(はらにきこしめ)す斎庭(ゆには)の穂(ほ)を以(もっ)て、亦吾(またあが)が児(みこ)に御(まか)せまつるべし。

日本書紀「斎庭稲穂の神勅」

「天照大御神(あまてらすおおみかみ)の住む天上の国に作る神聖な田の稲穂を、我が子(邇邇芸命)に授けましょう。」

天照大御神(あまてらすおおみかみ)は、邇邇芸命(ににぎのみこと)に稲穂を与えられました。

この神勅が三大神勅と呼ばれる神勅の3つ目、「斎庭稲穂(ゆにわいなほ)の神勅」と言います。

邇邇芸命、日向に降り立つ

このようにして、邇邇芸命(ににぎのみこと)は神々とともに、現在の九州地方にある日向(ひむか)に降り立ちました。

ここまでのお話のことを、天孫降臨神話(てんそんこうりんしんわ)と呼びます。

邇邇芸命(ににぎのみこと)が地上世界に降り立った後、どのようにして地上世界を統治したのでしょうか?話は日向(ひむか)三代へと進んでいきます。

 

タイトルとURLをコピーしました