【中学歴史・国史(日本史)】天孫降臨神話 – 「三大神勅」とは何か?その内容をわかりやすく解説しました

日本の肇国を知ろう 記紀における日本の肇国
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

「出雲の国譲り」がまとまりました。

だから、今度は葦原中国あしはらのなかつくに、つまり地上に誰かが行って治めないといけません。天照大御神あまてらすおおみかみは神々が住む高天原たかまがはらを治める必要があるので、代わりの神様を遣わす必要があります。

最初は天照大御神の御子であらされる天忍穂耳命あめのおしほみみのみことを遣わそうと考えられていました。

では、この先どのように神さまが地上世界に降り立っていったのでしょうか。

ここで、天照大御神による三大神勅さんだいしんちょくが発せられました。なお、「古事記」には三大神勅の記載があまりないため、「日本書紀」の記述を参考にしています。日本国民であれば「三大神勅」の内容をきちんと理解しておくべきです。これが神武天皇の「即位建都の詔」の内容に繋がり、現在まで続く天皇と国民の絆の基礎となる内容だからです。

前置きが長くなりましたが、早速始めましょう!

スポンサーリンク

「天壌無窮のご神勅」を解説

天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)と高御産巣日神(たかみむすひのかみ)に次のように仰いました。

「私が降りる準備をしている間に子どもが生まれました。名前を天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(あめにきしくににきしあまつひこひこほのににぎのみこと)と言います。この子を葦原中国(あしはらのなかつくに)に降ろすべきでしょう。」

神統譜
神統譜

天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命あめにきしくににきしあまつひこひこほのににぎのみことは、通常、邇邇芸命ににぎのみこととお呼びします。邇邇芸命は、高御産巣日神たかみむすひのかみの娘である万幡豊秋津師比売命よろずはたとよあきつしひめのみこととの間にお生まれになった子でした。

天照大御神は邇邇芸命に対して次のように仰いました。

豊葦原とよあしはら千五百秋ちいほあき瑞穂みずほの国は、子孫うみのこきみたるべきくになり。よろしくなんじ皇孫すめみまきてらせ行矣さきくませ宝祚あまつひつぎさかえまさむこと、まさ天壌あめつちとともにきわまりなかるべし。」

「日本書紀」天壌無窮のご神勅より

と仰せになりました。三大神勅の1つである「天壌無窮てんじょうむきゅうのご神勅」です。

簡単に現代語訳をすると次のような感じなります。

葦の穂が豊かにめでたく生い茂っている状態がずっと続いている瑞穂の国は、私(天照大御神)の孫である邇邇芸命ににぎのみことらす国です。あま日嗣ひつぎ、つまり皇位は天地とともにずっと永遠に続いていくでしょう。

とても大切なことが御神勅には書かれています。簡単に言えば、日本は天照大御神の子孫が「しらす」国であると書かれています。天照大御神の子孫ではない人が日本国を統治してはいけないのです。

天皇を遡ると神話の世界に行き着く!
神統譜

なお、「らす」という言葉の意味についてはくわしくはこちらで説明しています。

これが「日本書紀」の中で有名な三大神勅(さんだいしんちょく)の1つである「天壌無窮(てんじょうむきゅう)の神勅(しんちょく)」と言います。

宝鏡奉斎(同床共殿)の神勅

邇邇芸命は、くにつ神の猿田毘古神さるたびこのかみが先導して、5柱の神様とともに天降ることになりました。

五伴緒(いつとものお)
備考
天児屋命(あめこやねのみこと)後の中臣(なかとみ)連(むらじ)の祖。
時代が下ると、「藤原」姓を与えられる。
布刀玉命(ふとたまのみこと)忌部(いんべ)首(おびと)らの祖。
天宇受売命(あめうずめのみこと)猿女君らの祖。朝廷の鎮魂祭儀で舞楽を演じる巫女を出す氏族。
「古事記」編纂者の稗田阿礼(ひえだのあれい)はこの一族から分かれて生まれた人物。
伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)「天の岩戸」物語の時に八咫鏡(やたのかがみ)を作った神。
作鏡連(かがみつくりのむらじ)の祖。
玉祖命(たまのおやのみこと)「天の岩戸」物語の時に八尺(やさか)の勾玉(まがたま)を作った神。
玉作部(たまつくりべ)を統率した

この時、あま岩戸いわとの物語」の時に天照大御神を岩戸の外に招き出す時に使われた八尺やさか勾玉まがたま八咫鏡やたのかがみ須佐之男命すさのおのみことが高天原に献上した草薙剣くさなぎのつるぎを授かりました(この記載は「古事記」にはあるが「日本書紀」にはない!)。また、知恵の神様である思金神おもいかねのかみ天手力男神あめのたぢからおのかみ天岩門別神あめのいわとわけのかみも同伴させました。

邇邇芸命とともに降臨される神様も「天の岩戸の物語」の時に登場した神様だと気づいた人はとても素晴らしいです。あま岩戸いわとの物語」についてわかりすく解説したコンテンツも復習ついでにぜひ見てください。

ちなみに、ここで登場した、

  1. 八咫鏡(やたのかがみ)
  2. 八尺の勾玉(やさかのまがたま)
  3. 草薙剣(くさなぎのつるぎ)

三種の神器と呼ばれ、今でも天皇が代替わりを行う際に脈々と受け継がれています。

平成から令和への代替わりの際にも三種の神器は引き継がれる(内閣府ウェブサイトより)

さて、ここで「三大神勅」の1つである「宝鏡奉斎ほうきょうほうさいのご神勅」を紹介しましょう。

天孫降臨の前に、天照大御神あまてらすおおみかみは御子の天忍穂耳命あめのおしほみみのみことに対して、あま岩戸いわとの物語」で登場した八咫鏡やたのかがみを授けて次のように仰いました。

みこ(みこ)、宝鏡かがみまさむこと、まさなおあれるがごとくすべし。ともみゆかを同じくし、殿みあらかひとつにして、いわいの鏡とすべし。

「日本書紀」の「宝鏡奉斎の御神勅」より

簡単に現代語訳をすると次のような感じになります。

「我が子、天忍穂耳命あめのおしほみみのみことよ、この鏡(八咫鏡)を見るときは、私(天照大御神)だと思って見なさい。この鏡と同じ床で生活をし、この鏡と同じ御殿に住まい、神の鏡として扱いなさい。」

これはちょっとした解釈が必要になります。鏡を見ると自分の姿が映りますよね。自分の姿を見て国のリーダーたる振る舞いを行っているのかを確認せよ!というメッセージでもあります。鏡(かがみ)という音から「が」を取ると「かみ」になる。「が(我)」を取った「神」のような振る舞いを求めたのです。さらに解釈をすれば、「ウシハク」支配でなく「シラス」存在としてのリーダーを求めたのかもしれませんね。

これが三大神勅の2つ目、宝鏡奉斎ほうきょうほうさいのご神勅」です。いわいの鏡と同じ場所で生活しなさいと仰っているので、「同床共殿のご神勅」とも申し上げます。

斎庭稲穂の神勅

「日本書紀」では、天照大御神が邇邇芸命に対して、もう1つの神勅を下されました。

高天原たかまがはら所御きこしめ斎庭ゆにわの穂を以って、た、みこまかせまつるべし。

日本書紀「斎庭稲穂の神勅」

こちらも簡単に現代語訳をしてみましょう。

「私(天照大御神)が住む高天原たかまがはらで作る神聖な田の稲穂を授けましょう。これを私(天照大御神)の子孫に伝えて稲が豊かに実るようにしなさい。」

つまり、国民が飢えないように稲作を発展させることを命じているのです。

このご神勅が、三大神勅と呼ばれる神勅のうちの斎庭稲穂ゆにわいなほのご神勅」と申し上げるものです。

今でも新嘗祭にいなめさいというお祭りが皇居や神社で行われています。特に皇居で行われる新嘗祭にいなめさいは、宮中行事の中でも最も大切な行事とされています(宮内庁のウェブサイトより)。その起源をたどっていくと、斎庭稲穂ゆにわいなほのご神勅」につながるのです。

邇邇芸命、日向に降り立つ

このようにして、邇邇芸命は神々とともに、現在の九州地方にある日向ひむかに降り立ちました。

ここまでのお話のことを、天孫降臨神話てんそんこうりんしんわと呼びます。

邇邇芸命が地上世界に降り立った後、どのようにして地上世界を統治したのでしょうか?話は「日向三代」へと進んでいきます。

 

タイトルとURLをコピーしました