ポツダム宣言の全文の内容を和訳してみました – 第4条

ポツダム宣言 「ポツダム宣言」全文試訳
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ポツダム宣言の全文の内容を和訳してみるシリーズです。

今回はポツダム宣言の第4条を和訳してみます。構成は、英文、公式邦訳、試訳とその解説の順になっています。

スポンサーリンク

英文

(4) The time has come for Japan to decide whether she will continue to be controlled by those self-willed militaristic advisers whose unintelligent calculations have brought the Empire of Japan to the threshold of annihilation, or whether she will follow the path of reason.

公式邦訳

四、無分別ナル打算ニ依リ日本帝国ヲ滅亡ノ淵ニ陥レタル我儘ナル軍国主義的助言者ニ依リ日本国カ引続キ統御セラルヘキカ又ハ理性ノ経路ヲ日本国カ履ムヘキカヲ日本国カ決意スヘキ時期ハ到来セリ

スポンサーリンク

解説

第4条は1文がとても長いので、1文を分けて解説をしていきます。

The time has come for Japan to decide

The time has comeで「時が来た」と言っています。その後ろ、for Japanの部分はto decide以下の意味上の主語の関係になっているのが文法上のポイントです。この部分だけを訳せば、「日本は決断するときが来た」という感じになります。

この後がwhether S+Vという形が来ています。「SがVするかどうか」というカタマリになります。文末の方にもう1つor whether she will…と来ているので、決断のポイントが2つある点に着目します。

以下、whether節を解釈していきます。

whether she will continue to be controlled by those self-willed militaristic advisers whose unintelligent calculations have brought the Empire of Japan to the threshold of annihilation,

まず1つ目のwhetherを読み解きます。sheは国名を受ける代名詞で、指している名詞はJapanです。will continue to be controlledを含めると、「日本は統制され続ける」という意味になります。

by以下を見ていくと、those self-willed militaristic advisers whose…のthoseはこれからwhoseという関係代名詞が来ますという限定詞の役割をしています。self-willedは「ワガママな」、militaristicは「軍国主義の」、advisorsは「助言者」という意味ですね。

次に、関係代名詞whose以下を見ていきます。unintelligentはココでは「愚かな」ぐらいで捉えておきましょう。calculationsは「計算」という意味もありますが、「打算」と訳した方がココでは自然だと思います。the Empire of Japanは「日本帝国」、thresholdが「ふち」annihilationが「滅亡」とか「消滅」という意味の名詞。ココで意味をつなげていくと、「愚かな打算によって日本帝国が破滅の淵に追いやられた」という訳になります。

ここで、by以下を全部つなげると、「愚かな打算によって日本帝国が破滅の淵に追いやられたワガママな軍国主義的な助言者によって」となります。

まとめると、「日本は、愚かな打算によって日本帝国が破滅の淵に追いやられたワガママな軍国主義的な助言者によって統治され続けるのか」という意味になります。

さて、米英中の3国はもう1つの選択肢を日本に対して提示します。それがor以下です。

or whether she will follow the path of reason.

or whether以下を見ていきます。

sheはJapanのこと。followは「追随する」という意味。pathは「道」、reasonは理由という意味で知られていますが、ここでは「理性」という訳の方がピッタリ合います。

つまり、「日本は理性の道を追随するのか」という意味になります。

まとめ – ポツダム宣言第4条試訳

訳をまとめると、次のような感じになります。

日本は三国から2つのどちらを選ぶのか?の決断を迫られている条項だと言うことを頭に置きながら、和訳を見ていきましょう。

日本は、愚かな打算によって日本帝国を破滅の淵に追いやったワガママな軍国主義的な助言者によって統治され続けるのか、あるいは理性の道を追随するのかを決断する時が来ています。

この条項も降伏しろ!という脅しですけどね。

 

タイトルとURLをコピーしました