「米英両国に対する宣戦の詔書」をわかりやすく解説します

大東亜戦争関連の詔勅
この記事は約14分で読めます。
スポンサーリンク

今回は「米英両国に対する宣戦の詔書」の内容についてわかりやすく解説していきます。つまり、大東亜戦争(教科書では「太平洋戦争」)を始めるきっかけとその理由について、天皇陛下の勅語(おことば)によって発せられたのがこの詔書です。

この詔書は、「米英両国に対する宣戦の詔書」や「開戦のご詔勅」などと呼んだり、様々な名称で呼ばれます。そのようなことが許されるのか?という問題が出てきますが問題ありません。「米英両国に対する宣戦の詔書」も「開戦のご詔勅」も正式名称ではありません。強いて正式名称を申せば「詔書」。「詔書」は歴史上たくさん出されているので、これでは他の詔書とは区別がつきませんからね。

スポンサーリンク

「米英両国に対する宣戦の詔書」が発布された背景

昭和16年(西暦1941年)12月8日に、日本海軍はアメリカのハワイの真珠湾を攻撃し、また日本陸軍はマレー半島に上陸してイギリス軍を撃破してシンガポールを目指して進軍を開始しました。「大東亜戦争だいとうあせんそう」が開戦しました。その時に発せられたのが「米英両国に対する宣戦の詔書」です。

詔書には「日本がなぜ米英に対して戦争を行ったのか?」が説明されています。その一次史料とも呼べるのがこの詔書なのです。日本人なのに大切な詔書をしっかりと読む機会がないのはおかしな話だと思います。学校の授業で詔書をきちんと解説される機会はまずありません。

「米英両国に対する宣戦の詔書」を奉読することで、日本がなぜ大東亜戦争という戦争を始めたのかに迫ってみたいと思います。

大東亜戦争の開戦を決定する御前会議ごぜんかいぎの時に、昭和天皇が以下の御製を2度詠まれたという記録が残っています。

四方よもの海 みなはらからと 思ふ世に
 など波風の 立ちさわぐらむ

明治天皇の御製(明治37年)

平和を希求される明治天皇のお気持ちが伝わる御製です。

解説

ここから詔書を1文ずつ概観していきます。

なお、現代語訳を作成するにあたっては、国語WORKSの松田雄一先生の講座(Learn Japan主催)や広島県に鎮座する亀山神社の潮清史宮司の現代語訳などを参照いたしました。また、歴史の学びの場を提供していただいている授業づくりJAPANの齋藤武夫先生にもこの場を借りて御礼を申し上げます。

その1 – 米英に対して宣戦布告をします!

天佑てんゆうヲ保有シ萬世一系ばんせいっけい皇祚こうそメル大日本帝國天皇ハ
あきらか忠誠勇武ちゅうせいゆうぶナルなんじ有衆ゆうしゅうニ示ス

神々の助けを得て神武天皇以来の血筋を引き継ぐ大日本帝国の天皇(註: 昭和天皇)が、忠誠心に厚く勇敢な国民にはっきりと示します。

ここニ米國及英國ニたいシテたたかいせん

私(註:昭和天皇)はここにアメリカとイギリスに対して戦争を行うことを宣言します。

朕カ陸海將兵しょうへいハ全力ヲふるっ交戰こうせん從事じゅうじ
朕カ百僚有司ひゃくりょうゆうし勵精れいせい職務ヲ奉行ほうこう
朕カ衆庶しゅうしょ各々おのおの本分ほんぶんつく
億兆一心おくちょういっしん國家ノ總力そうりょく擧ケあげ征戰せいせんノ目的ヲ逹成スルニ
遺算いさんナカラムコトヲ期セヨ

陸海軍将兵は全力を奮って交戦に従事し、すべての公務員は務めに励んで職務に身を捧げ、臣民はおのおのがその本分を尽くし、1億人の臣民が心を一つにして国家の総力を挙げて、この戦争の目的を達成するにあたって手違いがないように期待します。

その2 – なぜ日本はアメリカやイギリスに対して宣戦布告をしたのか?

抑々そもそも東亞とうあノ安定ヲ確保シ以テ世界ノ平和ニ寄與きよスルハ
丕顯ひけんナル皇祖考こうそこう
丕承ひしょうナル皇考こうこうノ作述セル遠猷えんゆうニシテ
朕カ拳々けんけんカサルところ

そもそも、東アジアの安定を確保することで世界の平和に寄与することは、大いなる明治天皇(=丕顯ひけんナル皇祖考こうそこう)やその偉大な考えを引き継いだ大正天皇(=丕承ひしょうナル皇考こうこう)がお立てになった遠大なる構想であり、私(註: 昭和天皇)もそれをとてもとても大切に思っている(=拳々けんけんカサル)ところです。

しこうシテ列國れっこくトノ交誼こうぎあつクシ萬邦共榮ばんぽうきょうえいたのしみともニスルハ
之亦これまた帝國ていこくカ常ニ國交こっこう要義ようぎところナリ

そのような考え方があるからこそ、世界各国と親しくして全ての国が共に栄えていく喜びをともにすることは、これまた日本が常に外国とお付き合いをしていく中で最も大切にしている考え方です。

今ヤ不幸ニシテ米英兩國りょうこく釁端きんたんヲ開クニ至ル

ところが今は不幸にして米英両国と武力衝突(=釁端きんたん)を生ずる状況に至っています。

まことムヲサルモノアリ

これは誠にやむを得なかったことなのです。

あにちんこころざしナラムヤ

どうして私(註: 昭和天皇)が米英と戦うという志を持つというのでしょうか(開戦の意志は本意ではない)

開戦時に昭和天皇は米英との戦争を始めることは「止むを得ない」と仰っている点に注目しましょう。侵略の意図を開戦詔勅の詔から読み取ることはできません。

その3 – 支那事変(日中戦争)の状況

中華民國ちゅうかみんこく政府さき帝國ていこく眞意しんいヲ解セス
みだりことヲ構ヘテ東亞とうあノ平和ヲ攪亂かくらん
つい帝國ていこくヲシテ干戈かんかルニ至ラシメ
ここ四年有餘よねんゆうよタリ

中華民国政府(蒋介石しょうかいせき政府)は、日本の外交方針の基本的な考え方を理解せぬまま分別なく抵抗を続け、東アジアの平和をかき乱して日本に武器を執らせる(=干戈かんかル)に至って4年余りが経過しました。

4年余り前というのが昭和12年(西暦1937年)7月7日から始まった支那事変しなじへん(日中戦争)のことを指します。

さいわい國民政府こくみんせいふ更新スルアリ

幸いにも、中国(チャイナ)は国民政府(汪兆銘おうちょうめい政府)に変わりました。

ここでいう国民政府とは汪兆銘政府のことです。東アジアの平和を中華民国の手によって成し遂げようとしていた蒋介石しょうかいせきとは意見を異にし、日本をリーダーとした東アジアの秩序を実現しようとしていました。

帝國ていこくこれ善隣ぜんりんよしみヲ結ヒ相提攜あいていけいスルニ至レルモ
重慶じゅうけいニ殘存スル政權せいけんハ米英ノ庇蔭ひいんたのみミテ兄弟けいていなお未タかき相鬩あいせめクヲあらたメス

日本は汪兆銘おうちょうめい政府とよき隣国としてお互いに助け合うようになったのですが、重慶じゅうけいに残る蒋介石政府はアメリカ及びイギリスからこっそり(=庇蔭ひいん)と助けてもらってこれに頼り、同じ中国人である汪兆銘政府とまだお互いにせめぎあっている姿勢を改めていない状況です。

汪兆銘政権は日本の傀儡かいらい政権だとする解説が教科書には多いですが、資料を読んでいくと当時の中国(チャイナ)の国民からは絶大な支持を得られていることが分かっています。

「重慶に残る蒋介石政府はアメリカ及びイギリスからこっそり助けてもらってこれに頼り」とは、いわゆる「援蒋えんしょうルート」のことである。

米英兩國りょうこく殘存政權ざんぞんせいけんヲ支援シテ東亞とうあ禍亂からん助長じょちょう
平和ノ美名ニかくレテ東洋制覇ノ非望ひぼうたくましウセムトス

米英両国は、蒋介石政府を支援して東アジアの混乱を助長し、「平和のため」という美名にかくれて、実はこっそりとアジアの覇権を握ろうとするけしからん考え方を持っているのです。

その4 – 米英の日本に対する経済断交について

あまつさ與國よこくいざな帝國ていこく周邊しゅうへんおいテ武備ヲ増強シテ我ニ挑戰ちょうせん
更ニ帝國ノ平和的通商ニラユル妨害ヲあた
つい經濟斷交けいざいだんこうあえテシ
帝國ノ生存ニ重大ナル脅威ヲ加フ

それだけでなく、米英両国は同盟国を誘って日本の周辺において軍備を増強して我が国に挑戦し、さらに日本の平和的な通商に対してあらゆる妨害を加え、ついに経済断交をし、日本の存立に重大なる脅威を加えました。

ここでいう「経済断交」というのは、昭和16年(西暦1941年)8月にアメリカが日本への石油輸出を禁止したことや「ABCD包囲網」などを指している。日本は当時石油の輸入をアメリカに頼っており、対日石油輸出禁止をされると日本は大きな痛手を被ることになります。

朕ハ政府ヲシテ事態ヲ平和ノうち囘復かいふくセシメムトシ
隱忍いんにんひさシキニわたリタルモ
彼ハごう交讓こうじょうノ精神ナクいたづら時局じきょくノ解決ヲ遷延せんえんセシメテ
かんかえツテ益々ますます經濟けいざい上軍事上ノ脅威きょういヲ増大シ
もっテ我ヲ屈從くつじゅうセシメムトス

私(註: 昭和天皇)は政府に対してこの事態を平和のうちに解決させようとし、じっと我慢をしてきましたが、米英両国はお互いに仲良くしていこうという精神はほんの少しも(=ごうモ)なく、この状態の解決を先延ばしにして、この間にかえって我が国にとっての経済上や軍事上の脅威がますます増大し、我が国に圧力をかけて従わせようとしています。

結果として日本は米英と戦うことになるのですが、ここで仮に戦わなかったとしても日本は疲弊し、苦しい立場に置かれていただろうという理解は持っておくべきです。

その5 – 自存自衛のために戦争を行うのだ!

かくごとクニシテ推移セムカ
東亞安定ニかんスル帝國ていこく積年せきねんノ努力ハことごと水泡すいほう
帝國ノ存立またまさ危殆きたいひんセリ

このように事態が推移すると、東アジアの安定に関する大日本帝国の積年の努力は水の泡となり、日本の存立もまた危うくなっています。

ことすでここニ至ル帝國ていこくハ今ヤ自存自衞ノため蹶然けつぜん起ツテ一切ノ障礙しょうがい破碎はさいスルノほかナキナリ

事態がここまで悪くなっている日本は、今や自存自衛のため、決意を持って一切の障害を粉々にするほかはありません。

皇祖皇宗こうそこうそう神靈しんれいかみニ在リ

私(註: 昭和天皇)たちには天照大御神から続く皇室の祖先や歴代天皇がいらっしゃいます。

朕ハなんじ有衆ゆうしゅうノ忠誠勇武ニ信倚しんい
祖宗そそうノ遺業ヲ恢弘かいこう
すみやか禍根かこん芟除せんじょシテ
東亞とうあ永遠ノ平和ヲ確立シ
もっテ帝國ノ光榮こうえいヲ保全セムコトヲ期ス

私は国民の忠誠心や武勇を信頼し、歴代天皇の遺業を世に広め、速やかに災いの根源を取り除いて、東アジアの永遠の平和を確立し、それによって我が国の栄光を護っていきたいのです。

スポンサーリンク

まとめ

「開戦詔勅の詔」のポイントをここでまとめてみましょう。

  1. 米英との対戦は支那事変が原因である(中国問題の解決)。
  2. 米英は蒋介石政権を支援することで東アジアを意図的に混乱させて覇権を握ろうとしている。
  3. 日本との平和的交渉に際して日本側が到底受け入れられない条件を提示するなどして日本を弱体化しようとした。
  4. 我が国は東アジアの安定を図ろうと努力をしてきたが、日本の存立も危うい状況となった。
  5. こういった事情で、苦渋の決断を迫られて武力による解決をせざるを得なくなった。
  6. 自存自衛のため、日本は米英との戦争を決意するに至った。

原文

天佑ヲ保有シ萬世一系ノ皇祚ヲ踐メル大日本帝國天皇ハ昭ニ忠誠勇武ナル汝有衆ニ示ス

朕茲ニ米國及英國ニ對シテ戰ヲ宣ス朕カ陸海將兵ハ全力ヲ奮テ交戰ニ從事シ朕カ百僚有司ハ勵精職務ヲ奉行シ朕カ衆庶ハ各々其ノ本分ヲ盡シ億兆一心國家ノ總力ヲ擧ケテ征戰ノ目的ヲ逹成スルニ遺算ナカラムコトヲ期セヨ

抑々東亞ノ安定ヲ確保シ以テ世界ノ平和ニ寄與スルハ丕顯ナル皇祖考丕承ナル皇考ノ作述セル遠猷ニシテ朕カ拳々措カサル所而シテ列國トノ交誼ヲ篤クシ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ之亦帝國カ常ニ國交ノ要義ト爲ス所ナリ今ヤ不幸ニシテ米英兩國ト釁端ヲ開クニ至ル洵ニ已ムヲ得サルモノアリ豈朕カ志ナラムヤ中華民國政府曩ニ帝國ノ眞意ヲ解セス濫ニ事ヲ構ヘテ東亞ノ平和ヲ攪亂シ遂ニ帝國ヲシテ干戈ヲ執ルニ至ラシメ茲ニ四年有餘ヲ經タリ幸ニ國民政府更新スルアリ帝國ハ之ト善隣ノ誼ヲ結ヒ相提攜スルニ至レルモ重慶ニ殘存スル政權ハ米英ノ庇蔭ヲ恃ミテ兄弟尚未タ牆ニ相鬩クヲ悛メス米英兩國ハ殘存政權ヲ支援シテ東亞ノ禍亂ヲ助長シ平和ノ美名ニ匿レテ東洋制覇ノ非望ヲ逞ウセムトス剩ヘ與國ヲ誘ヒ帝國ノ周邊ニ於テ武備ヲ増強シテ我ニ挑戰シ更ニ帝國ノ平和的通商ニ有ラユル妨害ヲ與ヘ遂ニ經濟斷交ヲ敢テシ帝國ノ生存ニ重大ナル脅威ヲ加フ朕ハ政府ヲシテ事態ヲ平和ノ裡ニ囘復セシメムトシ隱忍久シキニ彌リタルモ彼ハ毫モ交讓ノ精神ナク徒ニ時局ノ解決ヲ遷延セシメテ此ノ間却ツテ益々經濟上軍事上ノ脅威ヲ増大シ以テ我ヲ屈從セシメムトス斯ノ如クニシテ推移セムカ東亞安定ニ關スル帝國積年ノ努力ハ悉ク水泡ニ歸シ帝國ノ存立亦正ニ危殆ニ瀕セリ事既ニ此ニ至ル帝國ハ今ヤ自存自衞ノ爲蹶然起ツテ一切ノ障礙ヲ破碎スルノ外ナキナリ

皇祖皇宗ノ神靈上ニ在リ朕ハ汝有衆ノ忠誠勇武ニ信倚シ祖宗ノ遺業ヲ恢弘シ速ニ禍根ヲ芟除シテ東亞永遠ノ平和ヲ確立シ以テ帝國ノ光榮ヲ保全セムコトヲ期ス

御名御璽

昭和16年12月8日

各国務大臣副書

現代語訳

神々の助けを得て神武天皇以来の血筋を引き継ぐ大日本帝国天皇(註: 昭和天皇)が、忠誠心に厚く勇敢な国民にはっきりと示します。私(註:昭和天皇)はここにアメリカとイギリスに対して戦争を行うことを宣言します。陸海軍将兵は全力を奮って交戦に従事し、すべての公務員は務めに励んで職務に身を捧げ、臣民はおのおのがその本分を尽くし、1億人の臣民が心を一つにして国家の総力を挙げて、この戦争の目的を達成するにあたって手違いがないように期待します。

そもそも、東アジアの安定を確保することで世界の平和に寄与することは、大いなる明治天皇やその偉大な考えを引き継いだ大正天皇がお立てになった遠大なる構想であり、私もそれをとても大切に思っているところです。そのような考え方があるからこそ、世界各国と親しくして全ての国が共に栄えていく喜びをともにすることは、これまた日本が常に外国とお付き合いをしていく中で最も大切にしている考え方です。ところが今は不幸にして米英両国と武力衝突を生ずる状況に至っています。これは誠にやむを得なかったことなのです。米英と戦うという志など持つはずがありません。

中華民国政府(蒋介石政府)は、日本の外交方針の基本的な考え方を理解せぬまま分別なく抵抗を続け、東アジアの平和をかき乱して日本に武器を執らせるに至って4年余りが経過しました。幸いにも、国民政府(汪兆銘政府)に変わりました。日本は汪兆銘政府とよき隣国としてお互いに助け合うようになったのですが、重慶に残る蒋介石政府はアメリカ及びイギリスからこっそりと助けてもらってこれに頼り、同じ中国人である汪兆銘政府とまだお互いにせめぎあっている姿勢を改めていない状況です。米英両国は、蒋介石政府を支援して東アジアの混乱を助長し、「平和のため」という美名にかくれて、実はこっそりとアジアの覇権を握ろうとするけしからん考え方を持っているのです。

それだけでなく、米英両国は同盟国を誘って日本の周辺において軍備を増強して我が国に挑戦し、さらに日本の平和的な通商に対してあらゆる妨害を加え、ついに経済断交をし、日本の存立に重大なる脅威を加えました。私は政府に対してこの事態を平和のうちに解決させようとし、じっと我慢をしてきましたが、米英両国はお互いに仲良くしていこうという精神はほんの少しもなく、この状態の解決を先延ばしにして、この間にかえって我が国にとっての経済上や軍事上の脅威がますます増大し、我が国に圧力をかけて従わせようとしています。

このように事態が推移すると、東アジアの安定に関する大日本帝国の積年の努力は水の泡となり、日本の存立もまた危うくなっています。事態がここまで悪くなっている日本は、今や自存自衛のため、決意を持って一切の障害を粉々にするほかはありません。私たちには天照大御神から続く皇室の祖先や歴代天皇がいらっしゃいます。私は国民の忠誠心や武勇を信頼し、歴代天皇の遺業を世に広め、速やかに災いの根源を取り除いて、東アジアの永遠の平和を確立し、それによって我が国の栄光を護っていきたいのです。

御名御璽

昭和16年12月8日

各国務大臣副書

大東亜戦争の呼称について

昭和天皇が「米英両国に対する宣戦の詔書」を発布なされた後、昭和16年12月12日に東条英機内閣の閣議が開かれ、「今次戦争ノ呼称並ニ平戦時ノ分界時期等ニ付テ」という閣議決定がなされました。

一、今次ノ対米英戦争及今後情勢ノ推移ニ伴ヒ生起スルコトアルヘキ戦争ハ支那事変ヲモ含メ大東亜戦争ト呼称ス
二、給与、刑法ノ適用等ニ関スル平時、戦時ノ分界時期ハ昭和十六年十二月八日午前一時三十分トス
三、帝国領土(南洋群島委任統治区域ヲ除ク)ハ差当リ戦地ト指定スルコトナシ
但シ帝国領土ニ在リテハ第二号ニ関スル個々ノ問題ニ付其他ノ状態ヲ考慮シ戦地並ニ取扱フモノトス

「今次戦争ノ呼称並ニ平戦時ノ分界時期等ニ付テ」昭和16年12月12日 閣議決定

本文中にある支那事変とは昭和12年(西暦1937年)7月7日に勃発した盧溝橋事件において始まったとされています。現在の歴史教科書には日中戦争と載っていますが、盧溝橋事件が勃発した当時は宣戦布告をしていないため「戦争」とは定義できません。そこで、この時点では支那事変と呼ぶのが一般的です。

さて、閣議決定に話を戻すと、大東亜戦争という呼称が指す範囲は、昭和12年(西暦1937年)7月7日からであるということです(第1条)。そして、「米英両国に対する宣戦の詔書」が発布されたことを受け、昭和16年(西暦1941年)12月8日午前1時30分から戦争状態になったと政府は閣議決定をしました。昭和17年(西暦1942年)2月に帝国議会において「大東亞戰爭ノ呼稱ヲ定メタルニ伴フ各法律中改正法律」が承認され、大東亜戦争という呼称が正式に使われるようになりました。この法律の条文は1箇条しかなく、「勅令ヲ以テ別段ノ定ヲ爲シタル場合ヲ除クノ外各法律中「支那事變」ヲ「大東亞戰爭」ニ改ム」と規定があるのみです。

さて、教科書によく登場する呼称として、太平洋戦争というものがあります。これは大東亜戦争とイコールのものではありません。太平洋戦争は、昭和16年(西暦1941年)12月8日のハワイの真珠湾攻撃以降の対連合国との戦争について指す言葉です。大東亜戦争が支那事変(現在の教科書でいう「日中戦争」)をも含むことと比較しておきましょう。

その後、私たちのご先祖さまたちは我が国を護るために必死で戦ったのです。

やがて戦争は終結へと向かいます。大東亜戦争終結の際にも詔書が出されます。解説は別稿に譲りたいと思います。

大東亜戦争終結に関する詔書についてわかりやすく解説してみました。

Special thanks

 

タイトルとURLをコピーしました