【中学歴史】紀年法(きねんほう)について学習しよう - 年代のあらわし方(和暦について)

紀年法 紀年法について
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

歴史の勉強で大切なのは、いつ?どこで?何が?どのように起こったのか?を理解することです。特に大切なのが、いつ起こったのか?を理解することです。これは年代をどのように数えるのか?という問題につながっていきます。

年代の数え方のことを、難しい言葉で、紀年法(きねんほう)と言います。
今回は年代のカウントの仕方のパート2ということで、和暦について勉強していきます。

和暦(われき)というのは、日本で使われている紀年法のことをまとめて指す場合に言います。
歴史の勉強をする際に覚えておいた方がよい紀年法は元号(げんごう)です。

残りは試験には出ませんが、日本人として知っておいた方がよい2つの紀年法、すなわち六十干支と皇紀についてもわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

元号について

日本の歴史上、元号はいくつ存在するのか?

今は「令和(れいわ)」という元号が使われていますね。
現代においては、ご在位されている天皇陛下が御代(みよ)代わりした時に元号が代わります。

平成31年4月30日で「平成」という元号は使われなくなり、令和元年5月1日から「令和」が使われています。

日本は「大化(たいか)」という元号が使われ始めてから、途中で中断した時代もありましたが、これまでどれぐらいの元号が使われていたか知っていますか?

何と248号(元号は「号(ごう)」と数えます)も使われてきました。

改元のパターンは歴史上4パターンある!

江戸時代よりも前はいろんな理由で改元が行われていました。
ここで改元の4パターンを紹介しますね!

  1. 代始改元(だいしかいげん)
    天皇陛下や征夷大将軍が代替わりをされる時の改元
    (例)平成(へいせい)→令和(れいわ)など
  2. 祥瑞改元(しょうずいかいげん)
    おめでたいことが起こるかも…という理由で行われる改元
    (例)霊亀(れいき)→養老(ようろう)など
  3. 災異改元(さいいかいげん)
    災害や疫病が流行ったりしてその影響を断ち切ろうとするための改元
    (例)元禄(げんろく)→宝永(ほうえい)など
  4. 革年改元(かくねんかいげん)
    革令〈甲子の年〉・革運〈戊辰の年〉・革命〈辛酉の年〉の年に行われる改元。
    中国(チャイナ)の古い教えで大きな変化が起こるとされている年が60年のうちに3つの年にあるとされ、それが「甲子の年」「戊辰の年」「辛酉の年」です。革令〈甲子の年〉・革運〈戊辰の年〉・革命〈辛酉の年〉の年については後ほど解説します。
    (例)万延(まんえん)→文久(ぶんきゅう)・・・江戸時代末期 など

今は1.だけですが、江戸時代よりも前にはいろんな理由で改元がありました。

「元号」ってなぜあるの?

ところでなぜ「元号」があるのでしょうか?

それは昔の東アジアは中国(チャイナ)がトップで、朝鮮などの周囲の国は中国(チャイナ)の家来のような国だという秩序がありました。日本もそれに組み込まれていました。そして、中国(チャイナ)のトップに立つ皇帝は、改元することで時間を自由に操る存在であるとも言われていました。だから、中国(チャイナ)の秩序に組み込まれている国々は、最初は中国(チャイナ)の元号を使用していました。ちなみに、世界最古の元号は、中国(チャイナ)にかつて存在した漢(前漢)という王朝の皇帝の武帝の時代に「建元(けんげん)」という元号が使われたことがきっかけでした(西暦でいう紀元前140年)。

しかし、聖徳太子(しょうとくたいし)をはじめとする我が国の政治家たちはこういった中国(チャイナ)を中心とした国際秩序の中に入っていくことを「よし!」とは思っていませんでした。日本独自の元号を使用し始めたのは、日本の独立を内外に示す目的があったのだと言われています。聖徳太子と隋の皇帝であった煬帝(ようだい)との外交上の駆け引きについては別の記事でくわしく解説しています。こういった駆け引きを経て、西暦701年(大宝元年)に「大宝律令」という法令が制定されてから、日本では元号がずっと使われるようになったのです。

「貞享暦」の誕生 – 日本人によるオリジナルの暦

元号は中国(チャイナ)と独立して使うようにはなりましたが、暦は相変わらず輸入して使っていました。外国の暦をそのまま日本で使うには無理があります。緯度(いど)が異なったりするので、月などの天体の満ち欠けや気候も異なるため、農作業などに影響が及ぶためです。

暦が日本人によって作られるようになったのは江戸時代になってからでした。その暦のことを、当時の元号「貞享(じょうきょう)」から、貞享暦(じょうきょうれき)と言います。渋川春海(しぶかわはるみ)が作りました。実はこのハナシについては映画「天地明察」にもなっているので、ぜひ時間のある人は見てみましょう。

明治時代以降の元号について

現行の暦は、西暦1873年(明治6年)に太陽暦であるグレゴリオ暦を導入され、西暦1873年(明治6年)1月1日から国内で運用されています。

もちろん元号は明治になっても使い続けられています。大日本帝国憲法と皇室典範が制定されてからは、大宝律令に代わって「皇室典範」の中にある「登極令(とうきょくれい)」という命令に元号についての条文が記されています。

大東亜戦争(教科書では太平洋戦争)に敗れた日本は、GHQによる占領政策のもとで、皇室典範が作り直されました。その結果、元号の定めがしばらく法律の中から消えてしまいました。

西暦1979年(昭和54年)に「元号法」という法律がようやくできて、現在の日本は「元号法」という法律に基づいて元号が決められるようになりました。

このように歴史を引き継いでいる私たち…。

日本を中国(チャイナ)中心の秩序から独立させて、様々な文化を外国から吸収して国が発展できるようにしてくださった我らの祖国の先祖たちに感謝の気持ちを持ちつつ、元号は日本人としてこれからも使っていきたいものです。

スポンサーリンク

六十干支について

六十干支(ろくじっかんし)と読みます。

これは、十干(じっかん)十二支(じゅうにし)を組み合わせて作った紀年法です。

なお、六十干支については多くの学校では習いません。時間に余裕がない人は読み飛ばしてもらっても大丈夫です。

十二支とは?

十二支というのは皆さんご存じですね。

子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・
辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・
申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)

という動物が登場しますね。

十二支は、年を数えるだけでなく、時刻を表現したり方角を表現したりする場合にも使われます。

十干とは?

十干(じっかん)というのは、日にちを順番に10日のまとまりで数えるための呼び名でした。

具体的には以下の通りです。

甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・
戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・
壬(じん)・癸(き)

の10種類があります。

十干は「木・火・土・金・水」の5つの要素と結びついていきます。世界のあらゆるものはがこれら5つの要素から成り立っていて、木・火・土・金・水がその5つの要素にあたるということです。これを「五行(ごぎょう)説」と言います。また、世の中のあらゆるものはプラスとマイナスの2つの側面があるという「陰陽(おんみょう)説」という考え方があります。この2つの考え方を合わせて「五行陰陽説」と言います。

「木・火・土・金・水」の5つの要素にそれぞれプラスとマイナスがあるので、全部で10個の要素が登場します。これと十干が結びつきます。

十干について

兄がプラス、弟がマイナスを意味するものだと思ってください。甲は木の兄だから「きのえ」、乙は木の弟だから「きのと」のような感じで組み合わされていきます。

六十干支の作り方について

そして、十二支と十干とをくっつけて暦が作られます。

1年目の年は、十干の1番目と十二支の1番目と組み合わせて甲子(きのえね)という名前の年になります。音読みで「かっし」とか「こうし」などとも読みます。2年目の年は十干の2番目と十二支の2番目と組み合わせて乙丑(きのとうし)という名前の年になります。このように十干と十二支とを組み合わせていくのです。

十干も十二支も順番に進んでいきます。十干の一番最後の癸(みずのと、き)と十二支の一番最後の亥(いのしし・い)が組み合わさるのは、10と12の最小公倍数である60番目の暦になります。それを示したのが上の画像です。十干は6廻り目、十二支は5廻り目でピッタリ終わっていることに気づいてもらいたいです。60年経つとまた甲子(きのえね)に戻ります。グルッと暦が還ってくるので還暦(かんれき)と言います。60歳の人のことを還暦と言いますよね。これはココから来ています。

六十干支の表が国立国会図書館のウェブサイトにあったので、以下ざっくりと見てみましょう!

番号干支音読み訓読み番号干支音読み訓読み
1甲子こうしきのえね31甲午こうごきのえうま
2乙丑いっちゅうきのとうし32乙未いつびきのとひつじ
3丙寅へいいんひのえとら33丙申へいしんひのえさる
4丁卯ていぼうひのとう34丁酉ていゆうひのととり
5戊辰ぼしんつちのえたつ35戊戌ぼじゅつつちのえいぬ
6己巳きしつちのとみ36己亥きがいつちのとい
7庚午こうごかのえうま37庚子こうしかのえね
8辛未しんびかのとひつじ38辛丑しんちゅうかのとうし
9壬申じんしんみずのえさる39壬寅じんいんみずのえとら
10癸酉きゆうみずのととり40癸卯きぼうみずのとう
11甲戌こうじゅつきのえいぬ41甲辰こうしんきのえたつ
12乙亥いつがいきのとい42乙巳いつしきのとみ
13丙子へいしひのえね43丙午へいごひのえうま
14丁丑ていちゅうひのとうし44丁未ていびひのとひつじ
15戊寅ぼいんつちのえとら45戊申ぼしんつちのえさる
16己卯きぼうつちのとう46己酉きゆうつちのととり
17庚辰こうしんかのえたつ47庚戌こうじゅつかのえいぬ
18辛巳しんしかのとみ48辛亥しんがいかのとい
19壬午じんごみずのえうま49壬子じんしみずのえね
20癸未きびみずのとひつじ50癸丑きちゅうみずのとうし
21甲申こうしんきのえさる51甲寅こういんきのえとら
22乙酉いつゆうきのととり52乙卯いつぼうきのとう
23丙戌へいじゅつひのえいぬ53丙辰へいしんひのえたつ
24丁亥ていがいひのとい54丁巳ていしひのとみ
25戊子ぼしつちのえね55戊午ぼごつちのえうま
26己丑きちゅうつちのとうし56己未きびつちのとひつじ
27庚寅こういんかのえとら57庚申こうしんかのえさる
28辛卯しんぼうかのとう58辛酉しんゆうかのととり
29壬辰じんしんみずのえたつ59壬戌じんじゅつみずのえいぬ
30癸巳きしみずのとみ60癸亥きがいみずのとい

上の画像と合わせて見てもらえるとよりよく分かると思います。

五行陰陽説からこのような暦を作っているので、五行には属性があるので年には個性があるということになります。これが占いの素になっているのです。

今年が六十干支で言うとどんな年になるのか?についてはネットで調べてみましょう。

六十干支はどのように使われるのか?

六十干支は占いのためだけに使われるのではありません。実はちゃんとした暦として使われています。

中国(チャイナ)の殷(いん)と呼ばれる時代から使われていることが記録の中で残っているそうです。随分長く使われています。日本でもよく使われています。

壬申の乱
戊辰戦争
甲子

歴史の用語でも使われています。甲子園なんて言うと、阪神タイガースファンとか野球部の子たちは興奮してしまいそうですが、阪神甲子園球場は甲子(きのえね、こうし)の年にできたから甲子園って言うんです。

また、江戸時代よりも前の庶民は六十干支の方をよく使っていたのだそうです(ちなみに、お役人さんは元号も使っていました)。元号はコロコロ代わっていました。1つの元号の使用期間を平均すると5年半に1回の割合で改元が行われてます。改元されたと思ったらすぐに改元される。暦としては使いにくいことこの上ないですよね。昔は60年も生きる人は多くありませんでしたから、六十干支の方が使いやすい感じだったのです。

干支①六十干支(ろくじっかんし) | 日本の暦

[補足] 革年改元について

元号の解説のところで、改元の4パターンのうちの1つで「革年改元」というものを取り上げました。復習をしておくと、革令〈甲子の年〉・革運〈戊辰の年〉・革命〈辛酉の年〉の年のことを指します。この年は昔から大きな出来事が起こりやすい年とも言われており、あらかじめ改元しておいて悪いことから逃れようということなのです。

皇紀(神武天皇暦)について

最後に皇紀(こうき)について触れておきましょう。ひょっとして初代の天皇の名前を卑弥呼(ひみこ)だと思っている人もいるかもしれませんが違います!初代の天皇の名前は神武天皇(じんむてんのう)と言います。神武天皇は、今の奈良県の橿原神宮(かしはらじんぐう)で即位されました。神武天皇が即位したときに、神々に対してお誓いをされました。

兼六合以開都、掩八紘而為宇、不亦可乎
六合(くにのうち)を兼ねてもって都を開き、八紘(あめのした)をおおいて宇(いえ)と為(せ)んこと、またよからずや

日本書紀巻第三・神武天皇即位前紀己未年三月丁卯条の「令」

と仰って、「天地四方八方の果てに至るまで、この地球上に所属するすべての民族があたかも一軒の家に住むように仲良く暮らしていけるよう、そんな国づくりをしていきます(橿原神宮ウェブサイトより)」ということを神々に誓いました。神武天皇ご即位の年を元年としてカウントする紀年法が皇紀です。くわしくは、「神武天皇の肇国の詔」の解説をご覧ください

今でも神社なんかではよく見ます。初詣(はつもうで)なんかに行く機会のある人は探してみてください。

調べてみよう!

今年は何年なのか?を表現してみよう!

  1. 西暦
  2. 世紀
  3. 元号
  4. 六十干支
  5. 皇紀(神武天皇暦)

これだけ多くの表現方法があるのは、日本が文化的にとても豊かであることの現れとも言えますね。

神社で絵馬に何かをお願いするときは西暦よりも和暦を使った方が相応しいかもしれません。
逆に欧米の人とやりとりをしたり時代をまたいで年数の計算をするときは西暦を使った方が便利です。

このように、時と場合に応じて使い分けができる人の方が教養があるなぁと思います。
せっかくの日本の財産ですし、西暦だけでなく和暦もガンガン使っていきたいものです。

 

タイトルとURLをコピーしました