ポツダム宣言の全文の内容を和訳してみました – 第1条

ポツダム宣言 「ポツダム宣言」全文試訳
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ポツダム宣言の全文の内容を和訳してみるシリーズです。

今回はポツダム宣言の第1条を和訳してみます。構成は、英文、公式邦訳、試訳とその解説の順になっています。

スポンサーリンク

英文

(1) We—the President of the United States, the President of the National Government of the Republic of China, and the Prime Minister of Great Britain, representing the hundreds of millions of our countrymen, have conferred and agree that Japan shall be given an opportunity to end this war.

公式邦訳

一、吾等合衆国大統領、中華民国政府主席及「グレート・ブリテン」国総理大臣ハ吾等ノ数億ノ国民ヲ代表シ協議ノ上日本国ニ対シ今次ノ戦争ヲ終結スルノ機会ヲ与フルコトニ意見一致セリ

スポンサーリンク

解説

アメリカの大統領と中華民国政府の主席及びグレートブリテン(イングランドとスコットランド)の首相という3国のリーダーが文の主語に登場します。

representing the hundreds of millions of our countrymenまでが挿入句です。hundreds of millionsで「数億人の」というイディオム。countrymenは辞書には同国人とか同胞といった訳語が載っています。ですから、representing the hundreds of millions of our countrymenは、「数億人の同胞を代表して」という意味になります。

ここまでが文の主部。

have conferred and agree that S+V…の部分は、協議してきて、that以下の内容について同意すると言っています。

ではthat以下は「日本は戦争を終結させるための機会を与えられるものとする」と言っています。shallは聖書や法律の条文にはよく使われる助動詞なのですが、もともとある「強い意志」というところから「命令」や「義務」といった意味を持たせる場合に使います。もちろんここの「意志」というのは米英中の3国の意志です。

まとめ – ポツダム宣言第1条試訳

私たち、アメリカ合衆国大統領、中華民国政府主席及び「グレート・ブリテン」国の総理大臣は、私たちの数億の同胞を代表し、協議の上、日本国に対してこの戦争を終結するための機会を与えることに同意します。

 

タイトルとURLをコピーしました