日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ 日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

中学校の公民や高校の政治経済・現代社会では日本国憲法の内容を扱います。

特に中学校においては日本国憲法の条文を暗記させられたりすることがあります。日本国憲法は言葉が少し難しくて理解が難しいという人が少なくありません。

そこで、穴埋め問題を使いながら、日本国憲法の内容について条文を使って解説するコンテンツを作成しました。中学校の公民や高校の政治経済・現代社会の授業の理解の手助けとして使ってもらえると嬉しいです。

日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

憲法第61条を解説 – 条約の締結の承認(衆議院の優越)

今回は、日本国憲法第61条の条文の穴埋め問題を解きながら、「条約締結の承認」の条文についてわかりやすくまとめてみました...
日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

日本国憲法第60条について – 予算案の承認の条文をわかりやすく解説

日本国憲法第60条の穴埋め問題を通して、予算案の議決の要件などについて、衆議院の優越の規定を中心に解説を行いました。
日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

憲法条文解説 – 憲法第59条「法律案の議決」の条文をわかりやすく解説

法律案の議決の原則と例外を押さえます。例外は、「衆議院の優越」で高校受験や大学受験、司法試験や司法書士試験や行政書士試験などの法律系資格試験でもよく出る条文です!
スポンサーリンク
日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

憲法条文穴埋め問題 日本国憲法第55条、56条、57条及び58条について

日本国憲法第55条から58条の日本国憲法第55条から58条の穴埋め問題を解きながら、国会の両議院の定足数と議決数はどれぐらい必要なのかについてまとめてみました。
日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

憲法条文穴埋め問題 第52条、53条及び54条 – 国会の会期とは何か?

日本国憲法第52条、第53条及び54条の条文の穴埋め問題を解きながら、「国会の会期」についてわかりやすく解説していきます。
日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

日本国憲法第49条、50条及び51条について - 国会議員の特権 はなぜあるの?

日本国憲法第49条、第50条及び第51条の条文について、穴埋め問題を解きながら「国会議員の特権」について、なぜあるのかの理由と内容について解説をしていきます。
日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

日本国憲法第48条をわかりやすく – 国会議員の兼職の禁止

今回は、日本国憲法第48条の内容を踏まえて、両議院議員の兼職の禁止についてわかりやすく解説します。
日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

日本国憲法第47条 – 衆議院と参議院の選挙制度をわかりやすく

衆議院と参議院で行われている選挙制度についてわかりやすく解説してみました。
日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

憲法条文穴埋め問題解説 日本国憲法第45条及び46条 – 衆議院議員及び参議院議員の任期は何年?

日本国憲法第45条及び第46条の条文穴埋め問題を解きながら、衆議院議員及び参議院議員の任期についてわかりやすく解説してみました。
日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

日本国憲法第44条をわかりやすく – 国会議員になる資格は?選挙人の資格は?

日本国憲法第44条の内容を踏まえて、国会議員になる資格や選挙で投票できる人の資格について、中学生や高校生の皆さんに向けてわかりやすく解説します。
日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

日本国憲法条文穴埋め問題解説 日本国憲法第43条について – 国会議員はだれの代表?各議院の定数は?

日本国憲法第43条の条文穴埋め問題を解きながら、国会議員はだれの代表なのか?各議院の定数についてわかりやすく解説してみました。
日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

日本国憲法条文穴埋め問題解説 日本国憲法第42条について – 国会の構成をわかりやすく解説

日本国憲法第42条の条文穴埋め問題を解きながら、日本における国会の構成についてわかりやすく解説していきます。
日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

日本国憲法条文穴埋め問題解説 憲法第41条について – 国会の地位についてわかりやすく

憲法の統治機構のうち、「立法機関」の根幹である憲法第41条の内容をわかりやすく解説してみました。
日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

日本国憲法条文穴埋め問題解説 憲法第40条について – 刑事補償手続について

憲法第40条の穴埋め問題を解きながら「刑事補償手続」についてわかりやすく解説していきます。
日本国憲法穴埋め問題条文解説シリーズ

日本国憲法条文穴埋め問題解説 憲法第39条について – 事後法の禁止(刑罰不遡及の原則)について

憲法第39条の穴埋め問題を解きながら、「事後法の禁止」についてわかりやすく解説をしていきます。「事後法の禁止」は、「刑罰不遡及(けいばつふそきゅう)の原則」とも呼ばれます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました